メディア芸術をあるき、富山のまちをあそぶ

メルボルン、バンクーバー、パリ、ポートランドと並び、コンパクトシティの世界の先進モデル都市にも選出されている富山市。
その中心に位置する総曲輪通りや西町を拠点に、富山市のまちなかを舞台としたメディア芸術のフェスティバルを開催します。
8月にオープンしたばかりのTOYAMAキラリや昔からの商店街に、「記録と記憶と感情と」をテーマにちりばめられたメディア芸術作品を巡りながら、富山のまちを発見しにお越しください。


メディア芸術祭とは?
文化庁メディア芸術祭は、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。
「トヤマウォーカー」は、この受賞作品を紹介する展覧会として、富山で開催されます。
文化庁メディア芸術祭サイトへ